地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、笠間の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

笠間の地域情報サイト「まいぷれ」笠間市

【観光】笠間周遊プラン【茨城】

芸術の都・笠間アートプラン

芸術の都・笠間アートプランマップ

 

伝統工芸「笠間焼」で有名な笠間市ですが、じつは知る人ぞ知るアートの街でもあります。

陶芸も美術も「感性を研ぎ澄ませて作品を造る」という原点は同じなので、笠間にはセンスに溢れた人間が集まるのかもしれません。

アート好きは陶芸に触れ、陶器好きはアートに触れ、思うぞんぶん想像力に掻き立てられてくださいね。

 

移動手段:レンタサイクル  所要時間:半日

レンタサイクル貸出場所

笠間駅前観光案内所

 

住所:〒309-1626 茨城県笠間市下市毛288-10
電話:0296-72-1212
営業時間:8:30~17:30
レンタサイクル貸出時間:8:30~17:00 (11月~3月は16:00まで)
定休日:年末
レンタル料金:電動自転車 1日500円 普通自転車 1日300円

セーフティーショップおおしま


住所:〒309-1611 茨城県笠間市笠間1728
電話:0296-72-0475
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日
レンタル料金:半日(4時間以内)1,080円 1日(4時間以上)1,620円

白凛居

時代に逆境し描き続けた「女性画家山下りん」資料館

キリスト教に関するキーパーソンやストーリを図に起こした絵画「イコン」。

山下りんは明治時代に日本人初のイコン画家として活躍し、人生のほとんどをアートに捧げていました。

アグレッシブに芸術を学び、絵を描き続けた彼女の人生は「日本を代表するキャリアウーマン」といっても過言ではないでしょう。

山下りんが描き残したイコンはもちろん素敵ですが、彼女のドラマチックな人生に触れてみるとワンランク上の楽しみ方ができますよ。

白凛居


住所:〒309-1611 茨城県笠間市笠間1510
電話:0296-72-9222
営業時間:11:00~16:00
開館日:毎月約3回
※開館日が限られておりますので、訪問の際は白凛居の公式ホームぺージにてご確認ください。

入館料:無料

ホームページ:http://www010.upp.so-net.ne.jp/yamashita-rin/

笠間稲荷美術館

意外と知らない笠間焼の起源が知れる美術館

笠間焼のルーツとなった歴史的な古陶器類や、茨城県北西部にある常陸国で生まれた水墨画家・雪村などの作品を展示しています。

今では陶器の定番となった笠間焼ですが、その歴史を知るとよりいっそう強い思い入れを抱けるはずです。

美術館から立ち去る頃には「もっといろいろな笠間焼を見てみたい!」と、旅へのワクワク感がアップしているかも。

 

笠間稲荷美術館

 

住所:〒309-1611 茨城県笠間市笠間1
電話:0296-73-0001
営業時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)

休館日:無休(ただし、特別展前後3日間休館)
入館料:一般300円 大高生200円 中小生100円

ホームぺージ:http://www.kasama.or.jp/map/index2.html

笠間日動美術館

良質なアートをゆったりと楽しめる美術館

日本で最も歴史がある洋画商「日動画廊」の創業者によって建てられたのが、笠間日動美術館です。

芸術とは切っても切り離せない国・フランスの著名画家達の作品展示をする一方、カテゴリーに捉われず、国内外のアート全般を企画的に展示する「企画展示館」も行っています。

また、画家が実際に使っていた絵の具パレットを展示している「パレット館」は、ひとつひとつのパレットにアーティストの個性が表れており、アート好きにはたまらない空間です。

野外には緑豊かな彫刻庭園も併設されているので、慌ただしい日常から少し離れた自然の中で、感性を解放してみてはいかかですが?

 

笠間日動美術館


住所:〒309-1611 茨城県笠間市笠間978-4
電話:0296-72-2160
営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、その翌日が休館)、年末年始
入館料:大人1,000円 大高生700円 中小生 無料 65歳以上800円
※20名以上は団体割引あり。

ホームぺージ:http://www.nichido-museum.or.jp/

ギャラリーロード

その名の通り「ギャラリーがたくさんあるロード」

約2kmにわたるギャラリーロードには陶芸家さんが自らの作品を置いているギャラリーがあれば、さまざまなアーティストの陶芸品を揃えているギャラリーがあったりと、絶対にお店の色がかぶることはありません。

というのも、笠間焼は「特徴がないのが特徴的」と言われるくらいに色味や形が決まっておらず、いい感じに枠にはまっていないのです。

まだ笠間焼を知らない方は、見た瞬間に「陶器ってこんなに自由で可愛いんだ!」と思わず胸をときめかせてしまうはずです。

陶芸品としてだけでなく、芸術作品としても楽しめる笠間焼にたくさん出会えるギャラリーロード、ぜひて立ち寄ってみてください。

やきもの通り

窯元には工房だけじゃなくてギャラリーもあるよ

やきもの通りには歴史ある窯元が点在していますが、敷地内にギャラリーが併設されていることが多く意外と見落としがちなギャラリーの穴場スポットです。

窯元の工房では陶芸体験もできるので、アートに心をくすぐられた方は粘土に思いのたけをぶつけてみてはいかがでしょうか。

やきもの通りには窯元だけでなくギャラリーもたくさんあるので、おさんぽがてらに歩き回ってみるのもありですよ。

ギャラリー桜

ギャラリー

心ときめく器で、暮らしに彩りを。

笠間市下市毛273

笠間茶屋

飲食店(酒粕創作料理)・直売所・ワークショップ・農業体験

親子で営む、笠間宿でほっと一息つける憩いの茶屋

笠間市笠間2247-1 まちの駅 笠間宿内

select shop you you(セレクトショップ ユーユー)

セレクトショップ(ファッション・雑貨)/ワークショップ

毎日着たくなる! 毎日身につけたくなるものが見つかるお店!

笠間市笠間2247-1 まちの駅笠間宿内

きむらや

いなり寿司

観光土産ではなくグルメな土産。“絶品笠間いなり寿司”

笠間市笠間1351